スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覇権国アメリカとサブプライムショック

アメリカの長期に亘る戦争で消費した、膨大な軍事費を、世界からの金融利益で埋める戦略が失敗となり、金融自由化の言葉のみが先行した、金融のグローバル・スタンダードの国際的基準が確立していないままに、アメリカを信用して、この証券を買った各国は、100年に1度と言われる、膨大な金融や資産の損失と負債を背負い、並びに企業倒産や多大の人の職やお金、居住を失う悲惨な被害に見舞われており、各国は、この世界的経済恐慌の危機の防止に忙殺されています。

しかし自然界の変遷は、自然界の動植物は時の人工的環境破壊にあっても、その破壊に適合した、強いものが常に生存権を持つことを示していますので、永い目で見て人間界も、この自然の法則が生きると考えられますが、果たして現アメリカの力の覇権主義が継続するのか、確認する必要があります。
スポンサーサイト

テーマ : サブプライムローン問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。