スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覇権国アメリカは継続するか

歴史に見る、力による覇権は、古代のヴァイキングやスペイン海軍、イギリス海軍などの、海上や植民地の覇権範囲や領域は異なりますが、交易の覇権が、自国の利益をもたらす事は同じで、イギリスの産業革命以来、アメリカは、機械、技術、エネルギーによる、陸海空の空間域へ、この覇権を広め、特に近年のアメリカの偵察衛星による、情報の収集解析力や陸海空の軍事力、諜報力、同盟力や国内消費的経済力などを背景にして、アメリカの国策が「大国主義」と「国際警察」の世界戦略利国思想の一国覇権主義と、この拡大に向かったと思えます。

さてここで、アメリカの覇権が、アメリカ発サブプライム問題で、世界経済の崩壊と国際的信頼の失墜すると懸念される中で、アメリカの覇権に変動があるのでしょうか?

貴方は、アメリカの覇権継続論と非覇権継続論のどちらを選択しますか?その選択の根拠を如何考えるのでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ : サブプライムローン問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。