スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンロー主義とアメリカ覇権

アメリカの経済的信用度の低い低所得者を対象とした高金利の金融消費としたサブプライムローンの破綻から、今・世界経済の崩壊を生じて、世界的経済恐慌となりつつあり、これを期して、アメリカの信頼は揺らぎ、アメリカの経済的軍事的覇権は、黄信号が灯りました。

アメリカ合衆国は1776年に独立し、この新大陸の膨大な資源を求め、アメリカに次々と移動した人々の開拓精神が、フロンティアスピリットスピリットを育て、そして、アメリカ第五代大統領ジェームズ・モンロー氏が掲げた理想の国創りの、モンロー主義理念とは、当時のアメリカとヨーロッパ大陸の国々と、アメリカは、大陸相互不干渉と中立主義を取ると言う理念を掲げて政治発展をしていました。

しかし、第一次世界大戦中に、中立のアメリカが、自国の貿易用船舶が攻撃されたこを理由に参戦し、それまで蓄積された軍備と軍事力を、支援して、国際的存在感とアメリカ国の信頼を高めました。
スポンサーサイト

テーマ : サブプライムローン問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。