スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西岡良仁(19)が仁川アジア大会男子てにす金メダル

30日に行われた、仁川アジア大会テニス男子シングルス決勝に進んだ西岡良仁は、
中国の盧彦勲と対戦し、その試合で、6-2、6-2、のストレート勝ちを収めて優勝し、
金メダルを獲得しました。

この種目優勝は、1974年のテヘラン大会の坂井利郎以来で、40年振りの快挙です。

西岡は試合開始後からラリーの攻防が続き、中国の盧彦勲の、厳しい左右サイドの
打球を、持ち前の足で拾い、逆に相手コーナーの左右に正確に打ち分けて、勝利した
素晴らしい展開でした。

西岡はまだ19歳で小柄ながら、その身体能力は高く、錦織圭二世と言われる所以です。

又、楽天オープンでも、伊藤竜馬が、今までの世界遠征で到達できなかった世界ランク
4位の招待選手、第1シードの全豪覇者、S・ワウリンカ(スイス)を、7-5、6-2のストレート
勝ちで破るなどの活躍を見せており、これらが踏み台となることで、これから日本のテニス
界で花咲くのが楽しみな選手です。

尚、ワウリンカ(スイス)は、スイスの絶対王者の、フェデラーの存在で、スイス第二の男と
言われている強豪です。
スポンサーサイト
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。